前へ
次へ

鍼灸治療で鍼の使い回しはないのか

病院で注射をすることがありますが、採血をする場合と薬液などを血管から入れるときがあります。どちらにしても血管に刺すことになるので血液が付着します。病気においては血液を通じて感染することもあるので、病院においては注射針の使い回しはされません。では鍼灸治療で使う鍼に関してはどんな扱いをしているかです。注射針は出血をするので血液がついているのがわかりますが、鍼灸治療で使われる鍼は血液は見えず血液による感染は心配なさそうです。鍼灸治療においては血管に刺すわけではないので必ずしも血液は付着しません。ただし全く血管に刺さらないわけではなくその時には血液が付着することもあるでしょう。となると使いまわしをすると血液から病気に感染する可能性が出てきます。各治療院では施術をする都度新しい鍼を使うことになっているので使いまわしの心配はありません。衛生面において十分管理された状態で治療を受けることができるよう努力されています。

Page Top